ベランダに鳩が来ないようにする対策|専門業者に依頼しよう

犬や猫に寄生する害虫

家

オス、メスともに吸血する

ノミに刺されると激しいかゆみが起こるものですがこれはおもにイヌノミヤネコノミが原因です。日本には80種類以上のノミが存在していることがわかっています。蚊などはメスしか吸血しませんがノミの場合はオス、メスともに行います。メスは吸血したあと数日後ぐらいから産卵を始めます。これが成虫になるまで半月程度かかりますが温度によって早くなったりします。イヌノミやネコノミは人間のほかにも様々な動物に寄生して血を吸います。家で飼われているペットはノミ対策がとられているので被害はほとんどありません。しかし野良犬や野良猫などを触る時には要注意です。この場合ノミを持っていることが多く、気がついたら洋服の中に入り込んでいたということがよくあります。

部屋の中で被害が拡大

家にノミが入り込んでしまうとさらに厄介なことになります。部屋の中で孵化した卵は成虫になりその数をさらに増やして行きます。これは畳のヘリやフローリングの隙間、絨毯の中などに潜んでいます。被害が出たらこれらの場所を徹底的に掃除してノミ駆除用殺虫剤を散布することが必要です。また部屋の中のノミ駆除はくん煙剤を使うことも効果的です。また庭の物置や倉庫などに野良猫や野良犬などが入り込んでしまうことがあります。この場合はそこにノミが発生する可能性が高くなります。動物が入り込まないように対策をして被害がなくても用心のためにノミ駆除剤を散布することをおすすめします。またノミ駆除をしても発生が続くようなら業者に依頼することも必要です。